元FF11日記。元戦国ixa日記。今はただの日記。
さらば思い出よ
2012年09月24日(月) 15:48
東西戦でした。今回は文字だけ。
思惑というか内情というか裏話というか、こんな感じでした!っていう感想文みたいなもの。


毛利&徳川&島津

  VS

北条&浅井&最上


全体の作戦は単純で、向かい合ってる相手を攻める。
3国での連携は特になし。

でした。


毛利家としての作戦は過去の東西戦に習って多少の手直しをしたものの基本的には同じ。
前期とメンバーが余り変わってないのでこのあたりは結構スムーズ。

・前線並びに砦&大殿周りの陣配置は同盟単位で区分
・加勢を入れる武将の目安
・ソロ凸用砦

基本的にはこのくらいですかね。


初日は私が夕方までほとんどいなかったため状況はよく分かりませんが、
参加したときには北条家に砦を囲まれ、すでに危機的状況でした。

対して毛利家は砦に近づいたものはことごとく掃除され、遠巻きに見ているだけ。

そして19:10に北条家の砦一斉攻撃が開始。

毛利家では攻めるのを一旦中止し、全員で守備に集中。
加勢を飛んだのを見計らい、加勢組が一斉に加勢発射。
それ以外の者は相手へのカウンター攻撃。
この辺の分担はすばらしく連携が取れていたように思いました。

そして寸前の所で防衛が成功。

深夜にも同時攻撃がありましたが、これも同じ作戦で防衛が成功。
特に深い考えはなく、攻めて来てるから守ろうぜー。ただそれだけ。
終わったから攻めようぜー。そんな単純明快。


逆にこちらはその隙を付いて砦1つ陥落に成功でした。

初日は1対0で毛利家優勢にて終了。


2日目は北条家の攻撃が少なく、序盤は毛利家が一方的に攻める展開。

ただ砦攻めをするには人数が足りなく、
同着一斉攻撃をしても一回じゃ落とせないんじゃないかという不安。
そこでとった作戦は同着攻撃から数秒ずらして大筒攻撃。

運悪く加勢飛ばなければ大惨事になりうるこの行動を取ってくれた方に大感謝。
そしてこの作戦は見事大成功。日中落とした2つの砦はどちらも大筒特攻作戦でした。


夜は少し中折れして勢いはなくなりましたが、夜中に奮起してじっくり一つの砦を落とし、
結果4対1で毛利家優勢のまま東西戦終了。

西軍は負けちゃいましたけど、今回もぼちぼち楽しめたんじゃないでしょうか。
個人的には楽しめました。


東西戦全体の感想。
毛利家はソロ凸用砦を設けてましたが、それ以外の砦へのソロ凸は0でした。
0ってすごくないですか?
砦への同着一斉攻撃以外の攻撃も一切なく、全員の足並みが揃っていました。
うちの同盟は独自でやらしてもらうぜーってとこもありませんでした。

外チャへの参加者も非常に多く、内チャ組の連携もうまく取れていましたし、
毛利家が一つの同盟として動けていたんじゃないかと思います。

欲を言えばもう1〜2人指揮できる人がいればもう少し頑張れたかも。
3人がいない時間帯は完全に止まっちゃいましたね。

今期初めて毛利家へ来られた方々の感想。
・他国とは明らかに連携力が違う
・みんな仲がいい
・東西戦を初めて楽しいと思った。

等々、自画自賛で気持ち悪いですが、ありがたい褒め言葉を頂いた気持ちになりました。


個人的総評。
やる気はあったんですけど、指揮をするほどのモチベがどうしても出ず。
影でこそこそひっそりと参加してました。
筆頭同盟の盟主なら嫌でもやれよって話なんですけど、ほとんど丸投げしちゃいました。
本当に申し訳なかったです。


おしまい



以下、おりたたんで個人的なお話。

Read more>>

 | HOME | 


Designed by 絵師のえそらごと見習い
Powered by DTIブログ