元FF11日記。元戦国ixa日記。今はただの日記。
たなばた
2009年07月10日(金) 10:27
七夕

夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居ました。
織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していました。
天帝は娘の働きぶりに感心していましたが、年頃の娘なのに
お化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、
天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることにしました。
こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めました。

しかし、結婚してからの織女は牽牛との暮しに夢中で毎日はしゃぎまわってばかり。
機織りをすっかり止めてしまったのです。
天帝はすっかり腹を立ててしまい、2人の所へ出向くと、
「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。
心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。
再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」更に付け加えて...
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、
7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡しました。

この様にして織姫と彦星は一年に一度しか逢えなくなってしまったのです・・・




もう過ぎたけど、今更ながらに七夕記事。

一年に一度しか会えない愛する二人の切ないラブストーリー。だとずっと思ってたんだけど、これよく見たらそうでもないんかな?

二人は結婚したららぶらぶ(笑)のバカップルになってしまって、仕事のしないニートになりました。それで怒られたってことでしょ。自業自得な気がするんだけど、もっと細かい設定があるんかな?

天の川って実際に見たことある方って少ないですよね。私は一回偶然見たことあるんですけど、あれはやヴぁい。テラやヴぁい。本当に星で川が出来てる。感動して泣きそうになった。そのくらいすごい。
田舎でないとなかなか見れないかもですが、一回は見てほしい。感動して声が出ないという感覚を初めて味わいました。



(いちおうFF11ブログなので)FFの話。
リアフレのシーフが48になったそうです。

おしまい^^
【へぇー】
おまえにいわれたかないわwwwwww

てか書くことないしwww

そろそろここも閉じようかと思うておりまする

そしてFF14始まったらまたブログはじめるかな〜
移転について
FC2から移転する事にしたからURL変更よろしk

てか更新しろよwwwwww
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://angelsong.dtiblog.com/tb.php/126-c2262b74

 | HOME | 


Designed by 絵師のえそらごと見習い
Powered by DTIブログ