元FF11日記。元戦国ixa日記。今はただの日記。
初めてのサルベージ
2009年02月10日(火) 21:16
休仕休仕休休仕

ここ一週間の仕事のシフトです。どんだけ休んでるんだと。
今日は遅番なのですが、お腹が空いたのでパンを食べながらブログ書いてます。

あぁ、今日も日本は平和です。



さてさて、PS3も修理に出してしまいえふえふwが出来ない状態なのでブログを更新しようにもネタがないのですが、じゃあ書くなよwと自分に突っ込みながら暇つぶしの更新です。


何を書こうかな〜とすごく迷ったのですが、こないだLSメンがサルベに行きたい!連れて行け!としつこく迫るので、じゃあ身内だけ集めて初めてのサルベージ体験ツアーでもやるかねっと話したのを思い出しました。(それ以来イン出来てないのだけど・・・)

私自身のサルベージを始める前のイメージでは、廃人コンテンツで敷居がめちゃめちゃ高く、初お断り!装備が揃ってないのに来るな!ってな感じだったのですが、実際始めてみるとそのまんまでした()笑

以下、おりたたんでサルベージのお話。


初めてのサルベージ講座
 の巻

※私自身がサルベージ素人レベルなので本当に基本のことしか書きません。てか書けません。

・どうやれば参加できるの?

まず参加するにはアトルガン・ミッションの「賓客の資格」までやっている必要があります。

アサルトを受ける部屋(公務代理店)の手前のNPC(Zasshal)に話しかけて、アサルト戦績1500点と交換で【謎の証文】(だいじなもの)を貰えば出来るようになります。
この【謎の証文】は突入するたびになくなるので、毎回貰う必要があります。そのたびにアサルト戦績1500点を支払わないといけません。
これは全員が持っていないと入れません。


尚、【謎の証文】の再入手は取得した日の翌日0時以降(りある時間)です。プークBCみたいに前日の分も使って一日2回突入とかも出来ます。


・どこから入るの?

ナイズル島監視硝に飛び、アルザダール海底遺跡群に行きます。そこのMAP中央部分になるのですが、全部で4つの遺構がありそれぞれ入口も違います。

  

※白地図本舗様より拝借

目的の移行先でワープし、そのまま真っ直ぐ行けば入口の扉前に着きます。


・サルベージ装備

どれも高性能で、最終装備と言えるものもたくさんあります。それだけに取得難易度も高いのですが・・・。まず一回入っただけでは装備は完成しません。一部位ごとに3種類の必要アイテムがあり、それを集めるのがサルベージの目的になります。3種類とは、35、25、15装備と呼ばれるものです。
例えば薄金腹巻ならば
日数腹当(35装備)・・・銀海遺構NM
月数闘着(25装備)・・・ゼオルム遺構ボス
星数の衣(15装備)・・・アラパゴ遺構NM


の3種+必要素材がないと出来ないわけです。


35装備
・・・各遺構のNMが稀に落とします。ほとんどの目的は35装備狙いで通う事になるのですが、それだけドロップ率が良くありません。5%じゃないかと言われているのですが、もしそうだとすれば20回に1個落とすわけで、更にライバルとのロット合戦に勝つ必要があります。もうこの時点で萎えます><

25装備
・・・各遺構のボスを倒せば必ず2個ドロップします。それぞれのボスは6〜7種類の25装備を持っています。狙った25装備を落とす確率は20〜30%といったところでしょうか(たいかんw)。35装備に比べると比較的手に入れやすいですが、運が悪いと何十回も通わないと取れない場合もあります。

15装備
・・・各遺構の雑魚敵が落とします。通ってるといつの間にか持っていたくらいなので、難易度は高くありません。しかし、例外もあって物によっては特定のNMじゃないと落とさないものもあり、35装備以上の難易度を要するものもありますので注意が必要です。
例を挙げると、各胴装備・薄足・マル脚・モリ手等々です。35装備をがんばって手に入れた!と喜んでも15装備が手に入らず完成出来ないという方も少なくないのではないでしょうか。

頑張って3種類集めた!となっても今度は必要素材を集めなくてはなりません。
頭・・・オリハルコン12個(250万位)
胴・・・アルザビウーツ鋼12個(1000万位)
手・・・ブラッドウッド材12個(50万位)
脚・・・ワモーラクロス12個(4万位)
足・・・マーリドのなめし革12個(10万位)

それと全装備共通してアトルガン黄金貨10枚(7万位)が必要です。

胴だけ飛びぬけて高いですね・・・。このあたりも敷居の高さに繋がっているのではないでしょうか。

・突入してみよう

時間制限は100分で、延長等はありません。入った瞬間すべての装備や魔法、アビやステータス等も禁止(ダウン)状態になります。つまり全員素っ裸でのスタートです。初めての時はこれが地味にキツイ。なんでミスラはあんなに守ってないn(ry

雑魚敵を倒していくとインビュードアイテムという解放アイテムを落とします。これを使用して徐々に装備や魔法等を使えるようにしていくのです。インビュードアイテムにはオリジナルの名前があるのですが
戦海の真輝管(武器解放)
積雲の真輝管(胴装備解放)
暗雲の真輝管(DEX解放)
瑞雲の真輝管(CHR解放)


等々、パッと見た目には???となる名前ですね。やっていくうちに自然に覚えると思うしアイテム欄開いて各真空管を見るとどこの解放か書いているので、わざわざ暗記する必要はないと思います。もちろん覚えていた方が便利ですけどね。
雑魚敵を倒して色々解除をしていきながら、各NMを倒して35装備を狙い、最後にボスを倒して(ボスをやらない場合もあります)終了となります。これだけ見ると簡単そうな感じですが・・・


・サルベージの敷居

めちゃ高い()笑。感じ的にはナイズル島の難易度が上がった様なものなんですが、その難易度は格段に上がります。その理由は制限時間100分で、出来るだけ多くの装備を狙うから なんですよね。要はタイムアタック。それこそ1分1秒を惜しんでの行動となります。
なので事前にルートを把握してMAPを頭に入れておく必要があります。NMを沸かす条件なども把握しておかないといけません。このあたりが初心者に厳しいところなのです。
とりあえず行ってみるかーw的な参加だと、鬱になるくらいにけちょんけちょんにされてしまうかもしれません。※経験者は語る

なので参加する場合は事前に色々なサイトで下調べをしましょう。野良参加する場合は事前に初心者or初です と断りを入れておきましょう。
MAP・ワープの位置・倒すNMくらいは頭に入れておきたいですね。

タイムアタック的な要素があるので、ジョブ縛り等も激しいです。基本は前衛二人・シーフ・赤・詩人・白or赤の6人で構成されます。前衛はモ・戦・侍の中からの募集がほとんどかと思います。
サルベージの前衛は火力を求められますので、装備もそうなのですがジョブ性能でも優遇度合いが変わります。

モンク
・・・HPが多く自己回復もあり、魔法が解除されてなくて蝉が張れない状態でもカウンターで反せる。装備解放が少ない序盤でも格闘が強いので火力高め。最優遇ジョブ。

戦士
・・・装備が開放されればバーサクもあり、両手斧の火力が高い。混戦時の挑発が有効になる所もある。槍が使える。防御性能は低め。

・・・装備さえ揃えば火力高い。移動時に黙想でTPを貯め、NMに瞬間火力を発揮できる。防御性能も高く、槍が使える。ただ、STRが開放されないとWSが弱く、装備が揃わないとstpやSTRも確保出来ない。


と、なります。モンクがぶっちぎりで活躍できるのがサルベージの特徴です。
戦士と侍の欄に共通してるのが槍が使える なのですが、逆に槍が使えない(スキル上げてない)状態だと、更に弱くなります。両手槍が使える前提と言っても過言ではないかもですね。

この理由にはナイズル島でも出てくるギアの存在。突武器がかなり有効になるのです。更には序盤だと敵が弱いので、特に侍だと槍で進んだ方が強かったりします。侍だとゼオルム遺構なんかは戦車とボス以外は全部槍でいいと思う。


・必要なもの(もっていくもの)

謎の証文
ハイポいっぱい
リレアイテム(エンチャント系お奨め リレピとか)
毒薬・聖水・目薬・毒消し(あればいい程度だけど余裕あれば持っていこう!)
折れない心(一番大事)


・サルベージのススメ

様々なコンテンツで色々な装備が取れる中、サルベージでの装備は非常に優れています。ただそれだけに時間や手間、お金もかかります。このあたりが敷居が高いと言われる要因の一つなのです。しかし、それを乗り越えて獲得する価値は物によってはあると思います。
問題は賑やかさは皆無です。会話が一切なく進行する場合がほとんどだったりします。サルベージというコンテンツを楽しむならともかく、オンラインゲームとしての楽しみは少ないかもしれません。様々なコンテンツをやってきて、他にすることなくなったからサルベージ くらいの感覚がいいかもしれませんね。

個人的には空やナイズル島で欲しいものなくなったらサルベージ 
そんなコンテンツじゃないかと思っています。

そう考えると空ってコンテンツはすごいなぁ

あれ 一回コメント書いてたのに消えてる?;;

ふうりんたん お久しぶりっ!
サルはむつかしいよぉ
未だに慣れないしw
もっと通いたいんだけどなかなかねぇ・・・。


アスカル帽子まだ取ってない!でもナイズル秋田;;
えんじぇるさん お久しぶりっ!
サルはむつかしいですねぇ
何度か行ったけど 慣れない。。。w
通い続けないと ふらっと行ける気持ちになんないんでしょうね( ̄△ ̄;;

それでもアスカル帽子がでるまで ナイズル通いの風鈴でしたとさ。。。。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://angelsong.dtiblog.com/tb.php/97-b496c73d

 | HOME | 


Designed by 絵師のえそらごと見習い
Powered by DTIブログ