元FF11日記。元戦国ixa日記。今はただの日記。
真実は一つじゃけぇ
2009年04月18日(土) 13:55
産まれた時から阪神ファンです、こんにちは。
好きな選手は藤川球児さんです。同級生の広末涼子さんも大好きです。初めて甲子園に応援に行った時にユニフォーム買いました!その時は金本選手がホームラン打って、最後は藤川選手が投げて勝った試合だったんですよね。最高でした…

そんな藤川選手ですが、野球好きなら誰でも知ってるくらいのビッグネームになり、球界を代表するほどのクローザー(抑え投手)になりました。当然のように日本代表としてWBCに参加されたのですが、調子があまり良くなかったのか準決勝、決勝戦と大事な場面で使われず、本来ならば先発要員のダルビッシュ選手が登板になりましたよね。

監督は選手の調子を見極め、勝つために最善を尽くすのが仕事なのでこれもしょうがないことなのですが、ファンとしてはやはりガッカリした部分もあります。結果、優勝出来ましたが。

しかし、すべてが終わった後スポーツ新聞にある記事が載りました。
藤川選手が監督の起用法に不満を持ち、今後日本代表としては参加しないかもしれないと発言した、と。
当然彼にもプライドがあり、そう思ってしまう事も自然なのかもしれませんがショックでした。

それからしばらく経った後、とあるブログを発見しました。藤川選手のブログです。そこにこんな記事が…

http://fujikawa.lockerroom.jp/?p=diary&di=89245
藤川球児オフィシャルサイト『臥薪嘗胆』

新聞記事を鵜呑みにしてしまった自分を恥ずかしく思い、そしてより一層に藤川選手を好きになりました。記事をすべて読みましたが、想像以上にすごい男でした。

今ではネットやTV、新聞に雑誌と複雑に情報が煩雑していますが、真実は本人のみが知っているって事ですね。

あと記事の中に
>>このWBCの期間には、僕の不調が報じられることが度々ありましたが、
見るたびに、誰に何を求められているのか分からなくなっていました。

と書いてますが、これWBCの時にストレートの速さがいつもより遅いからという理由で書かれたと思うのですが、藤川選手はそれでもちゃんと抑えてるんですよね。クローザーは点を取られないのが仕事なのに、抑えてるのに調子が悪いとはこれ如何に?という事じゃないかな。これ打者に例えるとホームラン打ったのにいつもより飛距離出てないから調子悪いって言われてるようなもんですから。

もうすでにペナントレースが開幕しました。ファンとしては阪神タイガースの優勝を願うばかりですが、それ以上に怪我がなく、今年一年ファンのため、そして自分たちの為に熱い戦いを見せていただければ幸せです。頑張れ藤川球児!阪神タイガース!


さて、ここから前に書いたPS3のお話の続きをしようと思ったのですが、上の記事書いたら満足しちゃった…。
そんなわけで予定変更して曲の紹介でも。
重いカモなので折りたたんでおきます。




吉田拓郎『ファイト!』


本来『ファイト!』という曲は中島みゆきさんが作られた歌なのですが、それのカヴァーです。
この曲は中島みゆきさんのラジオ番組に送られてきた手紙を元に作られたと言われています。冒頭の部分はその手紙の内容そのものだしね。
有名なので知ってる方も多いとは思いますが、吉田拓郎Verがまたイイ!
あと背景のイラストがまた泣ける…。

歌を聞いて泣けるという数少ない名曲です。どうぞ聴いてみてください。


あとついでと言ってはなんですがこちらも



吉田拓郎「唇をかみしめて」

『刑事物語』という武田鉄也さん主演の映画で使われていた曲です。
とてもいい映画で、感動してジーンとなってるところにEDとして流れるんですよね…まじヤバイ
とても古い映画でして、小さい頃に見てたのですが、もう一度見たくなりビデオ屋に探しに行ったらなっかなかなくて…。探すのに苦労しました。そのくらい古いです。でもすごく面白いのでぜひ観てほしい。点数付けるなら100点あげたいくらい。
歌はおもいっきり広島弁です。それがまたいい。

ちなみに吉田拓郎さんのファンでもなんでもないです。うひー
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://angelsong.dtiblog.com/tb.php/111-468a4729

 | HOME | 


Designed by 絵師のえそらごと見習い
Powered by DTIブログ